育児との相性抜群!赤ちゃん寝かしつけグッズにおすすめな一品!

育児

昨今のコロナ対策で自宅待機しており息子との時間が長くなった。楽しく遊んでいるときは良いが機嫌が悪くなったり寝かしつけるときに泣いたりして困ることがある。

特に寝かしつけはうまくいくときはいいが,うまくいかなかったときのダメージは計り知れない。そんな経験は育児中のお父さんお母さんにはたくさんあるはずだ。

そこで,今回は育児中に使える寝かしつけグッズとして必須だと感じたアイテムがあるので紹介する。

ワイヤレスイヤホンを買うべし

ずばりワイヤレスイヤホンを買おうノイズキャンセリング機能が付いているタイプがいい。

そもそも乳幼児の泣き声は人を不快にさせるレベルの音だと言われている。(赤ちゃんを放置させないようにするための大切な音ではある)ただ正直,泣き声でストレスが溜まる。赤ちゃんが泣くのは仕方ないことなのだが,毎日バトルしている世の中のお母さん,お父さんにとっては重大な問題だ。

そこでその泣き声によるストレスを軽減させるためにワイヤレスイヤホンを装着することを勧める

ワイヤレスイヤホンの良いところは,寝かしつける前に,ワイヤレスイヤホンを装着して見たい(もしくは聞きたい)動画やラジオを流す,スマホを置く,寝かしつけに行くというようにスマホを持たずに寝かしつけることができるところである。

これが有線でスマホと繋がっていると,十中八九子どもがケーブル引っ張る。寝かしつけるはずが遊び始める。しかし,ワイヤレスイヤホンなら髪の長い女性であれば髪でイヤホンが隠れてわからないし,短髪の自分が付けても1歳児の我が子はそう気にはしない。(ときどき『何つけてるの?』って取られたりはしますが・・・)なので有線ではなくワイヤレスがいい。

また,寝かしつけの時間も娯楽もしくは学びの時間に変えることができるところもいい。スマホで好きな動画や聞きたいラジオをかけて寝かしつけると今までストレスだった寝かしつけも楽しい時間に変わる。魔法のようだ。

これには応用として,家事の時も同様に考えることができる。掃除,食器洗いなど何の生産性もない行為を学びの時間に変えることができる

どんなワイヤレスイヤホンがあるの?

候補を絞りに絞って有名どころを3つを紹介する。AppleSONYオーディオテクニカのワイヤレスイヤホンの特徴についてまとめたので参考にしてほしい。

【Apple】AirPods Pro MWP22J/A

特徴
  • ノイズキャンセリング機能が最強
  • 音質は中の上レベル。最高レベルとは言えない
  • イヤホンで次の曲,前の曲への移動,外音取り込みの操作が可能
  • Androidスマホでも使用可能
  • ケースはワイヤレス充電パッドで充電可能


【SONY】WF-1000XM3

特徴
  • 音質がダントツに良い(高音域の解像度が高い)
  • 音質をカスタマイズできる
  • DSEE HX機能により圧縮音源もハイレゾ相当の高音質になる
  • ノイズキャンセリング機能は高い
  • 装着感が高い(落ちにくい)


【オーディオテクニカ】ATH-CKS5TW

特徴
  • 重低音に強い
  • 業界トップクラスの連続再生時間(連続駆動時間:約15時間)
  • スマホアプリ「Connect」に対応(操作設定やコーデックの変更が可能)
  • 上記アプリを使うと製品との接続が切れた場所を地図上に表示できる
    (紛失した際に便利)


おすすめは?

iPhoneユーザーならAirPods Pro一択だろう。

音楽を聴くことが多く,音質重視の方であればSONYのWF-1000XM3がおすすめ。

コスパ,連続再生時間重視であればオーディオテクニカのATH-CKS5TWがいいだろう。

ちなみに自分はiPhoneユーザーなのでAirPods Proを購入した。

使ってみた感想としては,評判通りのノイズキャンセリング具合であった。話し声はまず聞こえない。耳栓効果も期待できるため集中したいときにも使えると思っている。(長時間付けているとさすがに耳に違和感を覚えるが)

外音取り込み機能も始めて使用したが非常に便利だ。妻が話す声も聞こえるし,子どもの声も聞こえる。泣いているときはノイズキャンセリング機能をONにすれば,OFFに比べるとマシなレベルになる。(それでも泣き声は聞こえてくる。完全に遮音されるわけではない)

まとめ

寝かしつけグッズとしてワイヤレスイヤホンをぜひおすすめしたい。

  • iPhoneユーザー:AirPods Pro(Apple)
  • 音質重視:WF-1000XM3(ソニー)
  • コスパ,連続再生時間重視:ATH-CKS5TW(オーディオテクニカ)

比較表を作成したのでこちらも参考にしていただきたい。

メーカAppleSONYオーディオテクニカ
型式AirPods Pro
MWP22J/A
WF-1000XM3ATH-CKS5TW
発売日2019/10/302019/7/132019/7/12
タイプカナル型 カナル型 カナル型
ワイヤレスBluetoothBluetoothBluetooth
充電端子充電ケース
Lightning
充電ケース
USB Type-C
充電ケース
USB Type-C
連続再生時間最大4.5時間
(ノイズキャンセリングモード時)
最大5時間
(ノイズキャンセリングと外音取込モードオフ時)
最大6時間(NC ON時)
最大8時間(NC OFF時)
最大約15時間
充電時間本体:約1時間
充電ケース:??
本体:約1.5時間
充電ケース:約3.5時間
ヘッドホン:約2時間
充電ケース:約3.5時間
ノイズキャンセリング 
マイク
音質調整  
外音取り込み 
重量5.4g8.5g8g
価格¥30,580
(公式サイト)
¥24,800
(Amazon)
¥15,272
(Amazon)

育児における使い方を紹介したが,もちろん私生活の中で使える場面はたくさんある。一つ持ってて損はないと思う。

実は我が家では妻が最初にワイヤレスイヤホンを手に入れた。というのも,妻の誕生日プレゼントの希望としてワイヤレスイヤホンを頼まれたから購入したのがきっかけだ。ちなみに,妻が購入したのはコスパ,連続再生時間重視のオーディオテクニカ(ATH-CKS5TW)だ。

妻の影響もあり,自分も欲しいと思ってたところにAirPods Proの発売情報を知り購入に至った。ぜひ,パートナーへのプレゼントや自分へのご褒美としてゲットすることを勧める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました