【eFootball2022選手育成】おすすめタレントポイント割り振り!ラウール編

eFootball

eFootball2022のドリームチーム作りに向けた選手育成においてタレントポイントの割り振り迷いますよね。本記事では,自分だったらこう割り振るという育成思想も含めレベルMAX時の完成形を紹介したいと思います!

育成の基本

育成方針

タレントポイント割り振りの基本は以下の通りです。

GKGKセンスディフレクティングがメイン。
→基本的にAI操作に頼るので,より広範囲を守ることができボールへの反応を高めたい
DFディフェンスセンスフィジカルコンタクトがメイン
→ディフェンス時に良いポジショニングを行い,相手との競り合いに勝つため
MF選手の長所を伸ばす。
→DMF,CMF,OMF,R/LMFなど様々なポジションや選手の適正に応じて長所を伸ばす
FWオフェンスセンススピードがメイン。
→戦術によってはゴール前でのポジショニングや飛び出しが重要となりAIに依存する

パラメータとタレントポイントの関係

選手育成ではパラメータに対してタレントポイントを割り振ることになります。パラメータを上昇させるのに必要なタレントポイントは,パラメータの上昇値が増えると大きくなります。

パラメータ上昇値と必要なタレントポイントを下記に示します。

パラメータ必要なタレントポイント
1~41ポイント
5~82ポイント
9~123ポイント
13~164ポイント
17~205ポイント
21~246ポイント

基本性能

ラウールの基本性能(選手プレースタイル,AIプレースタイル,選手スキル,選手特徴)は以下の通り。

選手プレースタイルデコイラン
おとりになる動きを行い,見方が攻めやすくなるようにします。
有効なポジション:CF/ST/OMF
AIプレースタイルクイックスター
インサイドカッター
ミドルシューター
スキルシャペウ
軸裏ターン
ヘッダー
コントロールカーブ
コントロールループ
ドロップシュート
ライジングシュート
アクロバティックシュート
ワンタッチシュート
アウトスピンキック
選手特徴逆橋頻度:普通
逆足精度:高い
コンディションの波:小さい
怪我耐性:通常

レベルMAX時の能力値(最終結果)

レベルMAX(最大値11)時の能力値は以下の通りです。

オフェンスオフェンスセンス85
ボールコントロール90
ドリブル88
ボールキープ85
グラウンダーパス76
フライパス62
決定力86
ヘディング75
プレースキック69
カーブ74
ディフェンスディフェンスセンス44
ボール奪取46
アグレッシブネス51
守備意識57
GKセンス40
キャッチング40
クリアリング40
コラプシング40
ディフレクティング40
フィジカルスピード73
瞬発力77
キック力75
ジャンプ72
フィジカルコンタクト67
ボディコントロール78
スタミナ80
チームスタイルポゼッション70
ショートカウンター90
ロングカウンター65
サイドアタック60
ロングボール45

解説①ドリブル強め

※前提として自分のチームスタイルは上昇させた上での紹介になります。

初期値からドリブル性能が高かったので,ドリブルに関わる能力を優先して上げました。長所を伸ばす思考です。今作ドリブルが上手いと相手をかわしたり,ボールを取られない傾向があるのでポジションのST(セカンドトップ)的にも高いに越したことはない能力だと思います。欲を言うならドリブルを90に乗せたかったなと思います。

解説②決定力向上

これは実際のラウールが勝負強い選手だったこともあり,ゲーム内での使い勝手よりも現実に寄せた個人的な思いの方が強いです。決定的な場面で仕事をしてくれるラウールに期待です!

育成方法(パラメータ割り振り)

上記ステータスにするためにパラメータは以下のように割り振ります。

 パラメータ必要タレントポイント
シュート33
パス
ドリブル812
クイックネス1
脚力1
エアバトル
ディフェンス
GK1
GK2
GK3
チームスタイル(ショートカウンター)33
タレントポイント合計20

使用感について

現時点で動画はありませんが,ドリブルの使用感は特にポイントが足りない感じはないです。ゴール前での決定力もそれなりにあり,十分な印象です。スピードにもう少し振っても良かったかなと思います。75くらいに乗せると変わってくるのかな。

使用感に関する動画は別途更新予定です。

 

みなさんの選手育成の参考になれば幸いです。

以下のサイトで選手育成シミュレーションできます。
https://www.efootballdb.com/ja

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました