【eFootball2022選手育成】おすすめタレントポイント割り振り!バティストゥータ編

eFootball

eFootball2022のドリームチーム作りに向けた選手育成においてタレントポイントの割り振り迷いますよね。本記事では,自分だったらこう割り振るという育成思想も含めレベルMAX時の完成形を紹介したいと思います!

育成の基本

育成方針

タレントポイント割り振りの基本は以下の通りです。

GKGKセンスディフレクティングがメイン。
→基本的にAI操作に頼るので,より広範囲を守ることができボールへの反応を高めたい
DFディフェンスセンスフィジカルコンタクトがメイン
→ディフェンス時に良いポジショニングを行い,相手との競り合いに勝つため
MF選手の長所を伸ばす。
→DMF,CMF,OMF,R/LMFなど様々なポジションや選手の適正に応じて長所を伸ばす
FWオフェンスセンススピードがメイン。
→戦術によってはゴール前でのポジショニングや飛び出しが重要となりAIに依存する

パラメータとタレントポイントの関係

選手育成ではパラメータに対してタレントポイントを割り振ることになります。パラメータを上昇させるのに必要なタレントポイントは,パラメータの上昇値が増えると大きくなります。

パラメータ上昇値と必要なタレントポイントを下記に示します。

パラメータ必要なタレントポイント
1~41ポイント
5~82ポイント
9~123ポイント
13~164ポイント
17~205ポイント
21~246ポイント

レベルMAX時の能力値(最終結果)

レベルMAX(最大値10)時の能力値は以下の通りです。

オフェンスオフェンスセンス85
ボールコントロール77
ドリブル74
ボールキープ70
グラウンダーパス65
フライパス61
決定力89
ヘディング77
プレースキック82
カーブ78
ディフェンスディフェンスセンス45
ボール奪取46
アグレッシブネス63
守備意識44
GKセンス40
キャッチング40
クリアリング40
コラプシング40
ディフレクティング40
フィジカルスピード83
瞬発力73
キック力94
ジャンプ73
フィジカルコンタクト79
ボディコントロール72
スタミナ76
チームスタイルポゼッション50
ショートカウンター99
ロングカウンター45
サイドアタック70
ロングボール70

解説①キック力重視

※前提として自分のチームスタイルは上昇させた上での紹介になります。

バティと言えばやはり破壊力抜群のキャノンシュートでしょう。そういうことでキック力(脚力+6)94としました。

解説②決定力

キック力を高めてキャノンシュートを打てるようになったのでそのシュートがゴールネットを突き刺すことができるように決定力を89(シュート+5)にしました。欲を言うなら90に乗せたかった(;^_^A

育成方法(タレントポイント割り振り)

タレントポイントは以下のように割り振ります。

 パラメータ必要なタレントポイント
シュート56
パス
ドリブル
クイックネス
脚力68
エアバトル
ディフェンス
GK1
GK2
GK3
チームスタイル(ショートカウンター)44
タレントポイント合計18

使用感について

ペナルティエリア侵入前からのミドルシュートの決定力が桁違いに高いです。打ったらいつの間にかゴールネットを揺らしているイメージです。特に相手ゴール向かって左側からカットインしてからのインパクトシュートはデルピエロゾーンならぬ,『バティゾーン』と呼んでいます。最悪入らなくても,0.5点分満足した気になります。

みなさんの選手育成の参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました