【電源を選ぼう!】FF15,モンスターハンターワールドが快適にプレイできるPCを作ろう!

テクノロジー

前回のグラフィックボード選定いかがだったでしょうか。さて今回は電源を選定します。

【グラフィックボード選定編】FF15,モンスターハンターワールドが快適にプレイできるPCを作ろう!
前回のメモリ・ストレージに続いて今回はグラフィックボードを選定します。 目標スペックについておさらいです。↓ 目標 FF15ベンチマークスコア:快適(6000~8999) 備考 OS Window...

目標スペックについておさらいです。↓

目標FF15ベンチマークスコア:快適(6000~8999)備考
OSWindows10 Home 64bit
CPU3.4GHz以上Core i5-9600K
Core i5-9600KF
グラフィック
ボード
GTX 1660 Super確実に60fps出したいのでGTX 1660 SUPER以上は欲しい
メモリ16GB(PC4-21300)8GB×2枚
ストレージ256GB~512GBM.2もしくはSATA SSD
電源550~650W(80PLUS Bronze以上)
目標価格12万円以下

電源については細かいことを言い出したらキリがないので、簡単な範囲でいつものように初心者向けに説明していきたいと思います。

ワット数の目安

超簡単に消費電力の目安を計算する方法があります。以下の式を計算してみましょう。

消費電力(目安)=(CPUのTDP+グラフィックボードのTDP)×2

(例)Corei5-9600KF、GTX 1660 Tiを搭載する場合、
(95+120)×2=430W・・・①

よって、500Wあれば十分という計算になります。

実際はメモリ、マザーボード、SSD/HDD、光学ドライブなど他のパーツもあるので上の例の①×1.3~1.5(559W~645W)で見積もれば十分でしょう。

ピンの種類

電源が供給するパーツとしては大きく5つあります。CPU、マザーボード、グラフィックボード、ストレージ、ファンです。パーツの数を増やさない限りはどの電源ユニットも同じような出力端子を設けていると思いますので、あまり神経質にならず単純にワット数で決めていいと思います。

ピン名用途
ATX/EPS 12V(8ピン)マザーボード(CPU)
ATX20/24ピンマザーボード
PCI Express (8ピン)グラフィックボード
Serial ATA光学ドライブ、SSD/HDD
ペリフェラル(4ピン)ケースファン、周辺機器

変換効率について

電源には変換効率があります。変換効率が悪いと消費電力が無駄に高くなり、またPCの発熱の原因にもなってしまいます。一般的に『80 PLUS』というロゴがついています。これは既定の負荷をかけた際に一定以上の変換効率を達成した電源ユニットに対して、米国の企業が認定したことを表しています。グレードは大きく6段階に分類されています。変換効率が低いものから順に、80 PLUS、BRONZE、SILVER、GOLD、PLATUNUM、TITANIUMとなります。ちなみに変換効率の高い製品の方が変換効率の低いものよりも当然高価になります。

グレード負荷10%負荷20%負荷50%負荷100%
80 PLUS80%80%80%
BRONZE82%85%82%
SILVER85%88%85%
GOLD87%90%87%
PLATINUM90%92%89%
TITANIUM90%92%94%90%

コスト重視ならBRONZEで十分です。発熱や寿命を考慮するなら最低でもGOLD以上を選びたいですね。

結論

電源ユニット選定まとめ

  • コスト重視・・・BRONZEで十分
    Antec NeoECO Classic NE550C BRONZE
  • 発熱を抑えたい。寿命長く使いたい。・・・GOLD以上
    ∟Antec NE650 GOLD

ちなみに自分が選定するなら以下の製品です。こちらの日本製の部品が使用されている信頼性の高い電源ユニットを選びました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました