【マイホーム計画中の方必見】マイホームに関する疑問について考えてみた第2回-新築か中古か-

将来的に家を建てようか、賃貸にするか、新築にするか中古にするかマイホームについて計画中だけど迷っている方多いと思います。

自分も現在勉強中で、将来的なマイホーム購入について迷っています。

今回は新築か中古かどっちが正解なのか勉強したことについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

一般的には中古が正解

新築か中古かは迷わず新築って感じがしますが、新築も1日でも住んでしまえば中古になってしまいます。

ここ数年を見ると新築住宅や、新築マンションの供給数が減っているようで、10〜15前は20万戸ほどだった供給数は近年10万戸ほどになっているみたいです。

新築が少なくなっている要員としては東京オリンピックによる工費の上昇や人手不足が考えられるようです。

また新築マンションに至っては、売り手の利益や広告宣伝費、モデルルームの制作費などが販売価格に上乗せされることもあり、価格が高騰しているようです。

現状中古物件の方が多いというのと、リノベーションを行うことで新築と同じような住居に変えるケースも増えているみたいです。

新築、中古のメリット

新築と中古のメリットについて比較してみました。

新築のメリット 中古のメリット
・最新設備が採用されている

・耐震性や耐久性の面で安心がある

・中古よりも諸費用が低く抑えられる

・返済期間の長い住宅ローンが組みやすい

・販売されている物件数が多い

・リッチ、条件、広さが同じなら価格が安い

・実物を見てから購入できる

・リノベーションでカスタマイズできる

・売却時に資産価値が下がっている可能性が高い

結局どっちがいいのか

中古が良いと言われても新築の方がいいと思う方いると思います。

自分も調べてみましたが、新築がいいと思う自分もいます。

そもそも自分自身ゲームや本にしても中古を買う文化がなかったもので、人生最大の買い物を中古で済ませるなんてと書きながら思ってきました。

ただ費用も考えると中古も視野に入れておく必要があるかもしれません。

今考えているのが、中古×リノベーションを考えつつ、自分たちの思い描く住宅が実現しそうになければ新築にするというのがベターかなと思っています。

買い物の額が違うだけに、『持ち家』や『新築』というだけで飛びつくのは危険な気もしますしね。

まずは自分がマイホームに何を求めるのか。何を大事にするかをはっきりさせた方がいいと考えています。

そうすると自ずと答えが出てくる気がします。

様々なパターンを考えて決断しましょう!

それまで情報収集続けていきます!

参考↓


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする