2020年開運のために実践したい行動や心構え5つ紹介します!

2月に実家に帰省した時におもむろに両親から『これを読め』と手渡されたDr.コパの開運縁起の風水術(2020年版)という雑誌。

その中に開運のために実践したい事が88個ほど書かれていました。元々我が家は神社やご先祖様を大切にする文化が根付いておりまして,自分自身も縁起を担いだり神様に願い事をしたりなど世に言う信仰心の強い家庭で育ちました。

今回はその実践したいことの中から個人的に今年はこれを実践しよう,心がけようと思ったことを5つほどピックアップしましたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

平等と対等は異なる

男女平等、機会均等など平等意識が高まっている今日、本当に全ての人が平等かというと、会社での立場や親と子など格差はあります。

上司と部下、親と子など平等に権利はありますが、対等の立場ではないと思います。

またこれは夫婦間でも言えるのではないでしょうか。両者に働く権利は平等にありますが、ある時は夫の仕事を優先し、ある時は妻の仕事を優先するなど状況に応じて平等でなくなる時があります。

またパワーのある男性と安心感や癒しを女性では役割は対等にあっても出来ることや役割は平等にであるとは言えません。(抱っこや遊びは父が得意、母は愛情を注ぐのが得意)

それぞれの立場に応じて振る舞いが異なるということは覚えておきたいですね。

必要なものであれば高くても買う

節約は大事なことですが、ケチにはなりたくありません。

自分にとって必要なもの、テンションが上がるものであれば多少高くても買えようにしたいと思います。

特に最近で気になっているものは手帳です。

7つの習慣から影響を受けてフランクリンプランナーが欲しくてバインダーを本店のみでしか買えないコードバンを狙っています。

今から少しずつ貯めていき春先には購入したいと考えています。

日頃使うものを少し高いものにするとクオリティ・オブ・ライフが高くなると考えています。



持ち物の整理整頓を行う

着る頻度の少ない衣類はメルカリで売るか処分する。不要なものを部屋に置かないようにしたいと思います。物があるとそれだけ迷う原因にもなります。

人間選択する際にエネルギーを使うので、極力大事な決断にそのエネルギーを取っておくためにも最低限必要なもので身の回りを固めておきたいと思います。

生活リズムを整える

何事も健康でなければ活力も湧いてこないので、健康を維持するために寝る時間や起きる時間が不規則にならないように決まった時間に寝起きするようにしたいと思います。

また、適度に運動をすることでストレス解消や健康維持に努めたいと思います。

他の人への気配りを忘れない

社内でもプライベートでも相手に対する気配りを怠らないようにしたいと思います。

社内ではSNSツールを活用したコミュニティを立ち上げました。

関わる人が増えることが予想されます。SNSのコミュニティですが実際にメンバーと会合をしたりする予定なのでその際にメンバーが楽しく活動出来るように気を配りたいと思います。

プライベートでも妻への配慮や言葉を大切に、息子との時間も子どもではありますが1人の人間として接するようにしたいと思います。

最後に

2020年も既に1月が終わりました。

気を抜いていたらあっという間に終わりそうですね。

2020年を充実した1年にするためにも行動や思考で心がけたいことを決めて過ごしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする