【全父に告ぐ!】夫婦円満の秘訣は母の笑顔!母を笑顔にして世界を平和にしよう!

タイトルからかなり妻からツッコミが入りそうですが笑

みなさんの結婚生活は順風満帆ですか?我が家はたまに荒波に飲まれて転覆しそうになりますが、その度に帆船から戦艦へとレベルアップしてより頑強な家庭へと変貌を遂げて行っております。

今日はNewsPicksのWEEKLY OCHIAIで『母をアップデートせよ』の中で出てきた、妻であり、子どもにとっての母を笑顔にする4つのカードについて紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

子育て中のお母さんはかなり神経が張り詰めた状態で心休まる時がありませんよね。うちの妻も表には出しませんが(ときどきはみ出てますが)少なからずストレスを抱えています。

なので、仕事に行く前と帰ったあとは極力自分が子どもと遊んだりお風呂に入れたりしています。

飲み会があるときも会社から家が近いので、飲み会前にお風呂に入れて(この場合は妻がいれる)上がってからオムツ変えたり、服を着せたりしています。

そんな生活の中で、いかに母(私から見て妻)を笑顔にすればいいのか、非常に勉強になりましたので共有したいと思います。

ママ友を作ろう!

まずはママ友を作って子育ての悩みを相談したり、遊びに出かけてストレスを発散させてあげましょう。

幸いうちの妻にもママ友がいて、ときどき近くの施設に遊びに行ったり、うちに遊びに来てもらったりしております。

但し、ママ友は気をつけないとママ友コミュニティから外されることもあるらしいです。ドラマの見過ぎやろーとか思いましたが、実際にあるっぽいので気をつけておきたいですね。世のお父様方、妻のことよく観察しておきましょう。

コミュニティから外されても、気にするなとか言ったら『私のこと何にもわかってない!』とか言われると思いますので、別コミュニティを作るか、無ければ距離を置いて家族だけで過ごすのもいいと思います。

実母を召喚せよ!

ママ友コミュニティでうまくいかなかったら、実母を召喚しましょう。但しこれは実母と家が近い人に限られます。

我が家と妻の実家は電車で1時間くらいの場所にあるので、毎月1、2回ほど来てもらってます。本当にありがたいです。

実家離れてるから来てもらえない!という方はママ友カードを切りましょう。

ではママ友カードもない人はどうするか。

仕事をしよう!

3つ目は仕事をするのがいいようです。何がいいのかというと、仕事を通して失敗や成功を含めて自分の成果を評価してくれて、自分を肯定してくれる場所であるかららしいです。

自分が必要とされる場所でもありますからね。

家の中にいるだけだと、子どもと夫しかおらず、子どもは100%母の味方ですし、夫も8割は敵でしかないような状態になってしまいます。

夫を代表して言いますけど、妻を怒らせたい気持ちなんてさらさらないですからね!ただ生物学的に思考方法が違うだけなんです。

話を戻しますと、仕事やるとなると子どもを保育園に預ける問題と子どもが寂しがる問題が出てきます。

今回は保育園に預けられないという問題は置いておきます。預けられたとして、子どもが寂しがるのではという問題について考えます。

結論から言うと、子どもはそこまで寂しがらずに楽しんでくれるらしいです。但し、仕事から帰ったらしっかり抱きしめてあげることは忘れずにしましょう。

これができれば、子どもは安心して母離れできるみたいです。

アイドルを追いかけろ!

最後の4つ目はアイドルを追えということです。これは聞いてなるほどと思いました。自分の母の話になりますが、韓流スターに憧れてた時期がありました。確かに輝いていました笑

うちの妻はCHEMISTRYのファンで、今年行われるライブのチケットが当たった時は相当喜んでました!(当選確認のときネットが繋がりにくくなっててプチ切れ気味でしたが)

自分は子どもと遊んでますので、楽しんできんしゃい!

まとめ

4つのカードをおさらいしましょう。

  • ママ友を作ろう!
  • 実母を召喚せよ!
  • 仕事をしよう!
  • アイドルを追いかけろ!

専業主婦の方は仕事のところが難しいですね。難しいときは他のカードを駆使するしかないですね。

それか自分が思ったのは,逆に妻に『どういうカードがあれば笑顔になれるか』を聞いてみるのもありじゃないかなと思います。『自分はこれがあると楽しい』とか,『こんな時間を作ってくれたらありがたい』とか,その人に合ったカードを持つことができるので効果あるんじゃないかなと思います。

ぜひ全国のお父さん,パパの皆様,カード多用していきましょう!

世界の平和を守るために!

Do it now!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする