【育児】子育て日記~生後3か月~

息子が生まれてから3か月が経ちました。

今日は3か月目の近況について書きたいと思います。

スポンサーリンク

初宮参りとお食い初めしました。

12月に生まれて時期的に寒かったので、初宮参りは3か月くらい経って暖かくなってからやろうということで3/10にお食い初めと合わせて行うことにしました。

当日はスタジオアリスで祖父母とともに記念撮影して、自分が幼いころからお世話になっている宮地嶽神社に行ってお祓いしてもらってから、実家近くのお寿司屋でお食い初めを行うという流れでした。

◆当日のスケジュール

時間 イベント
9:30 スタジオアリスで撮影
11:00 宮地嶽神社で初宮参りのお祓い
13:00 お寿司屋でお食い初め

結構過密日程でした。間にお乳の時間もありますからね。

スタジオアリスにて

出産前に熊本旅行に行った際にマタニティフォトも撮ってもらったこともあり、システムはだいたいわかっていたので段取りもスムーズに進めることができました。

衣装も妻とほぼ同意見で決めることができました。もめる時間なんてありませんからね笑

こういう時の意見が合う点は妻との相性が良くてよかったなと感じます。

初宮参り用に和装と記念に洋装(タキシード)の2着をレンタルしました。

ちなみにスタジオアリスでは初宮参り用に神社に着ていくための和装も無料でレンタルできます。

スタジオアリスでは息子も写真を撮られるのが好きなようで、最初こわばった表情をしていましたが、スタッフの人も笑わせたり赤ちゃんの目線をカメラの方に誘導したりかなりうまくで途中からは笑顔も出て非常に良い写真が撮れました。

ぐずることもなく終始ご機嫌な様子でした。

初宮参りにて

当日は雨風がひどく本殿に行くまでに雨風にさらされて泣いてしまいました。

ここでも申し込み用紙を事前に準備していたおかげで行ってすぐにお祓いをしてもらうことができました。

日も良かったせいか初宮参りに来ていた家族は他にも6~7組ほどいました。

中には太鼓の音で泣き出す子もいましたが、うちの子は泣きもせずずっと寝てました笑

たくましい子です。

お食い初めにて

お食い初め前に一旦、妻の実家でお乳を飲ませてからお寿司屋に向かいました。

お食い初めでは、鯛のお頭やお吸い物に箸をつけて息子の口元にちょんちょんと『食べ物に困りませんように』と祈りを込めて行いました。

お吸い物が付いた箸を舐めたときは本人もいつもと違う味を感じたようで、もっと食べたいような表情していました。

夜は圧巻の7時間睡眠!

生活はというと、なんと夜7時間寝てくれるようになりました。

夜9時~10時くらいにお乳をのませた後、朝6時くらいまで寝てくれるようになったのでお父さんお母さんは寝不足になることなく生活できています。

子どもが産まれてからネットのタレントの子育て記事を見かけることがありますが、世の中のお母さんお父さんは夜間の授乳や夜泣きなどに悩まされているのを拝見しますが、今のところうちの子どもは寝てくれているので助かっています。

自分たちの眠りが深すぎて、起きているのに気づいてないだけかもしれませんが(^ ^;)

まだ3か月なのでこれから夜泣きが始まる可能性もあります。

それまで楽させてもらいましょう。

たまに便秘

成長して腸もウンチを溜める機能が出てきたようで、4~5日ウンチが出ないこともありました。長くて1週間でない時もありました。

ちょうど予防接種の時期に便秘だったので病院の先生に診てもらったところ、赤ちゃんの便秘はよくあるようです。

1週間出なかったら病院に再度来るように言われて、ちょうど今日ウンチ出なければ明日病院に行くその日に出てくれて一安心でした。

散歩も始めました

初宮参りからは散歩を解禁しました。

外に出歩くことで妻も気分転換することができているようでストレスから少しは解放されたようです。

実家に帰ったときはショッピングモールや菜の花畑などに連れて行ってますが、外の風はあまり好きじゃないみたいで今にも泣きだしそうな顔をします。

ショッピングモールではベビーカーでずっと寝てました。

チャイルドシートとベビーカーはよく寝ますね。赤ちゃんによっては夜寝ない時に車に乗せてドライブするという話も聞きますが、あれはかなり効果的なようです。

実際、チャイルドシードでの就寝率は今のところ100%です笑

今後

次の行事は5月の初節句です。

成長としては寝がえりとかしだすかどうかですかね。

暖かくなってきたので、外に連れて行って新たな刺激を与えたいですね。

家族みんなで笑顔をたくさん与えて育てたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする