【ビジネス】『メモの魔力』を読んでメモライフを始める方へ,愛用のメモ帳を紹介します!

最近、SHOWROOM社長の前田裕二さんの著書『メモの魔力』が大ベストセラーになっておりますね。

もちろん自分も読みました!

読んでからメモの量が格段に増えました。メモの魔力を参考に見開き1ページで使うようになりました。

おかげ様でクリエイティビティが止まりません!

(西野亮廣講演会に参加した時のメモ↓)

ということで,僕が愛用しているメモ帳を紹介します!

スポンサーリンク

ロルバーンのカレンダー付きメモ帳がおすすめ

自分が愛用しているのは,ロルバーンダイアリーA5です。こだわりはカバー付きなところです。

タイプ マンスリー
サイズ A5
素材 合皮
生産国 日本(加工)
サイズ 横185×縦231×厚み25mm
仕様 メモ(165ページ)/5mm方眼/切り離しミシン目付き/PPポケット12枚付き/リフィル差し替え可能

マンスリーカレンダーが付いてるものが便利

文房具コーナーでよく見かけるのはメモ機能しかないものですが,中にはマンスリーカレンダーが付いているタイプもあります。なんならマンスリーカレンダー付でメモできるページが少ない(29ページ)薄型タイプもあります。

最近カレンダーの機能はスマホを使っているので,手帳に記入する頻度は少なくなってきていました。

しかしながら,仕事の予定以外にもプライベート的なことも書き込みたいなと思っててカレンダー欲しいなと感じたのでこのロルバーンのマンスリーカレンダー付のタイプは自分のニーズに非常にマッチしました。

メモできるページも方眼になっているので,文字を揃えたり図が書きやすいです。

最後の方にクリアポケットも付いてますので,領収書やレシートなどちょっとした資料を入れておくこともできます。

メモ帳のサイズとしては,M,L,A5,XLとあって,個人的にはXLタイプのカバー付きが欲しいんですけど,ニーズがないのかXLサイズのカバーは売ってないみたいなんです。

※iPhone7と比較

今は,マンスリーカレンダー付タイプを使用していますが,来年はマンスリーカレンダー付(薄型)タイプとメモ帳タイプをダブルで使用しようかと考えてます。

用途は以下のように使い分けようかと。

薄型タイプ:その月の予定記入,チームミーティングなどのメモ

メモ帳:クリエイティブな活動用(メモの魔力を参考に)

前田さんはモレスキンを愛用しているようですが,結構高いですよね。

みなさんもメモ帳に迷ったときはこちらのロルバーンのメモ帳も選択肢に入れてみてはどうでしょうか。リーズナブルですし,色違いや柄違いで様々なラインナップがあるのも魅力的です。




スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする